ProSharingについて

どんな課題でも、
プロがいれば解決できる。

「プロシェアリング」とは、外部のプロの経験・知見を複数の企業でシェアし、経営課題を解決する新しい人材活用モデルです。複数企業で同時に活躍する外部プロ人材の支援を受けることで、経営を変革(トランスフォーメーション)させていくことが可能です。

「知のめぐりをよくする。」を掲げる当社サーキュレーションは、外部プロ人材データベースを活用した様々なビジネスを展開しています。

そんなサーキュレーションが提供するプロシェアリング業界のリーディングサービスが「ProSharing」。外部プロ人材活用に精通した「プロシェアリングコンサルタント」が、採用市場では出会うことが困難な即戦力プロ人材と共に、貴社に最適な課題解決のアプローチを提案、課題解決まで伴走支援します。

Background

01プロシェアリング(業界)とは

- なぜ、外部のプロ人材が必要なのか?

少子高齢化による労働人口の減少、グローバル化などVUCAと呼ばれる時代。変化の激しい時代に対応するための柔軟性を人材や組織に担保できず、時代から取り残されたり持続的な成長が危ぶまれる企業が増加。そして、新型コロナウィルス(COVID-19)の影響により世界のビジネス環境が劇的に変化しこの流れが急加速。すべての企業に変革が求められています。

一方で、経験・知見が豊富な専門性の高い人材は、副業や複業、独立し、プロとして生きていく選択をするようになり、求人広告・人材紹介・ヘッドハンティング・あらゆる方法を駆使しても優秀な人材が採用できない企業が増えるという負のスパイラルが起きています。

その解決策が「プロシェアリング」です。外部プロの経験・知見を複数の企業でシェアし、経営課題を解決する「プロシェアリング」によって、経営の変革(トランスフォーメーション)が可能です。

02既存のサービスとの違いとは

- 人材サービスやクラウドソーシングと何が違うのか?

①人材サービスにおけるプロシェアリングの違い

有期活用専門業務系
一般的な人材サービスと比べ、専門的な課題・業務について、有期でプロ人材を活用可能です。つまり、「人件費を固定費用にすることなく、必要なプロを必要な時間だけ活用」できます。

②シェアリングエコノミーにおけるプロシェアリングの違い

法人向け専門業務系
シェアリングエコノミーの人材サービスと比べ、専門業務を担うプロ人材を法人が活用するモデルです。つまり、「玉石混交でなく、法人の経営課題に特化したプロを専門業務にアサイン」できます。

Solution

プロシェアリング業界のリーディングサービス、サーキュレーションの「ProSharing」

サーキュレーションの「ProSharing」は、幅広い業界、課題に対応した総合型の外部プロ人材活用支援プラットフォームで、プロシェアリング業界をリードしてきました。

サーキュレーションの「ProSharing」は幅広い業界、課題に対応した総合型の外部プロ人材活用支援プラットフォーム
  • 一般的な顧問派遣会社とは違い、外部プロ人材活用に精通したプロシェアリングコンサルタントが貴社の課題を定義
  • 特化型のサービスとは違い、国内最大級の上位プロ人材DBを活用し、IT系やシニアに偏らず様々なプロ人材を課題にあわせ総合的ご提案
  • Webプラットフォーム完結するDB業者とは違い、課題解決までプロシェアリングコンサルタントが伴走

外部人材活用のプロである「プロシェアリングコンサルタント」と「プロ人材」が、"どんな課題でも、プロがいれば解決できる。"を掲げ、貴社に最適な課題解決を提案・伴走します。

選ばれる理由

01
プロシェアリング業界の
リーディングカンパニー

プロシェアリングコンサルタントが
貴社の課題解決まで伴走

02
プロ人材DB
15,000名以上

日本の上位層に特化した
日本最大級のプロ人材データベース

03
日本全国あらゆるテーマで
案件数6,300件以上

新規事業から業務改善、人事、
DX、SDGsまで幅広くカバー

プロ人材による支援範囲と実績

青文字:クリックで実績をご覧いただけます

創業期

事業立ち上げ・
起業・創業

新規事業開発 , 新商品開発 , 海外進出 , 認可取得・特許取得 , 販路開拓・営業強化

成熟期

事業徹底・改革・
承継・M&A

業務改善 , アーキテクチャ設計 , 事業承継・M&A , セキュリティ強化 , ガバナンス強化

ステージ
共通

ブランディング・
広報

ブランディング , 広報組織立ち上げ・強化

経理・財務、その他バックオフィス

経理・財務体制強化 , 資本政策・資金調達 , IPO・IR強化・鞍替え , 法務

新たな脅威・
技術革新、
トレンドに対する対応

業態変革・DX , AI・機械学習 , ブロックチェーン , D2C・EC強化 , SDGs , オープンイノベーション , BCP

SCROLL RIGHT

企業の成長ステージは、創業期、成長期、成熟期という3ステージにわけて考えることができ、各ステージに応じて経営における課題も異なります。また、各ステージを横断する共通の課題も存在します。

サーキュレーションの「ProSharing」は、企業の創業期から成熟期までの全てのステージで、企業の置かれている状況や問題から課題を定義、適切に選別したプロ人材と共に課題解決まで導きます。

導入実績

  • アサヒHD株式会社
  • キリンホールディングス株式会社
  • LIXIL
  • デンソー
  • カシオ計算機株式会社
  • DNP
  • サイバーエージェント
  • エムスリー
  • ADWAYS
  • sansan
  • freee
  • ユーグレナ
  • HIS
  • コニカミノルタ
  • ジェイテクト
  • 東急建設
  • コンビ
  • マンパワー

その他サービス

アイデアクラウド

アイデアクラウド

プロフェッショナルの知見を
新規事業のアイデアクラウドに

サーキュレーションに登録いただいている1万名以上のプロ人材の中には貴社が参入したい業界のプロフェッショナルをサーチ。
特定分野に卓越した知見をお持ちのプロ人材から、事業計画書レベルの深いアイデアを集めることで貴社内では出てこない実行可能な新規事業のタネを生み出すことが期待できます。

インタビュー

インタビュー

単発のヒアリングにより
ネットにはない業界動向や最新情報を入手

最大1時間半、その道のプロ人材に電話/対面で話ができるスポットのヒアリングです。
「知りたいこと」から最適な候補者をリストアップしてご推薦します。その中から希望のプロ人材を指定頂き、ヒアリングの場を設定します。

レポーティング

レポーティング

複雑・曖昧な情報や第三者調査を
まとめてレポートとして入手

知りたいことや提言について、まとまった資料をリサーチのプロフェッショナルに作成いただきます。
リサーチのプロフェッショナルがサーキュレーションに登録いただいている1万名以上のプロ人材の中から専門知識のある方に対して定性的なインタビューを実施し、世の中の定量データを合わせて資料化します。複数のプロ人材へヒアリングすることで深い多様な知見の入った資料になります。

外部人材活用事務局

外部人材活用事務局

地方自治体の外部のプロ人材活用の事務局機能を提供

サーキュレーションは仙台市と、中小企業の収益を向上させる仕組みをつくることを目的とし、政令指定都市で初めて「外部のプロ人材による新規事業創出プログラム」を実施しました。
多くの自治体で地方創生のアクセラレータとして外部のプロ人材活用に注目が集まっています。サーキュレーションでは外部のプロ人材活用の事務局機能を請け負うことが可能です。通常の人材派遣のような取り組みに留まらない様々な取り組みを行う事務局としてパートナーシップを組めます。