プロシェアリング > おすすめプロ人材 > 複数データの統合、分析、施策実行まで一貫して可能なデジタルマーケティングのプロ

複数データの統合、分析、施策実行まで一貫して可能なデジタルマーケティングのプロ

井上 裕介 氏

webマーケティング業態変革・デジタルトランスフォーメーション

経歴

音楽会社共同創業
COO

ウフル
マーケティングソリューション部 マネージャー

グルコース
事業開発マネージャー

独立

プロフィール

学生時代に友人と起業し音楽会社を経営。その後ウフルでデジタルマーケティングを専業として活動しSalesforce.comの導入支援や広告、データマーケティングに従事。ウェブメディアの会社では、AIやIoTなどのウェブサービス全般のアカウントマネジメントとプロジェクトマネジメント、新規事業開発のPMとして活躍。その後再び独立し、現在はデジタルマーケティング、事業開発などのコンサルティングで、ビジネスアナリシスやプロジェクトマネジメントなどで活躍。大手時計メーカーのDX推進、大手製造メーカーのデジタルマーケティング機能立ち上げ支援での実績も保有。

プロ人材の対応可能支援範囲

井上 裕介氏の支援範囲

創業期

新規事業開発 , 新商品開発 , 海外進出 , 認可取得・特許取得 , 販路開拓・営業強化


成⻑期

中期経営計画策定 , マーケティング戦略 , 営業組織強化 , WEBマーケティング , 小売店舗開発 , 生産管理 , 品質管理 , 物流改革・SCM


成熟期

業務改善 , アーキテクチャ設計・リファクタリング , 事業承継・M&A , セキュリティ強化 , 管理部門立ち上げ・ガバナンス強化・内部統制

フェーズ
共通

ブランディング・
広報

コーポレートブランディング・プロダクトブランディング , 広報組織立ち上げ・強化

人事

人事制度設計 , 人材採用 , 人材開発・人材育成 , 労務管理 , 働き方改革・テレワーク

経理・財務、その他バックオフィス

経理・財務体制強化 , 資本政策・資金調達 , IPO・IR強化・鞍替え , 法務

新たな脅威・
技術革新、
トレンドに対する対応

業態変革・DX , AI・機械学習 , ブロックチェーン , D2C・EC強化 , SDGs , オープンイノベーション , BCP

SCROLL RIGHT

プロとしての価値観を形成するまで

恐れずに言えば、若者に投資をしない日本で生き抜く一番の方法だと思い独立しました。

年功序列という言葉がまだまだ残る日本企業は、若い優秀な人材は嫌気がさし外に出ていき、会社は困り果て、組織に開いた穴を優秀なフリーランスで埋める。そこにビジネスチャンスがあると考えています。1人でできることには限界がありますが、外部人材として関わり企業のプロジェクトを成功に導く事そのものに価値を感じています。

プロジェクト単位の方が、報酬のすり合わせも個人にとっても企業にとってもシンプルでわかりやすいですし、個人が決定権も持ちつつ流動性高く動けるので、今後の仕事の進め方のあり方として増えていくのではないでしょうか。

マーケティングや営業のデジタル化は手詰まり感を感じるので、特にリードマーケティングは手法が変わると考えています。今後は個人の意思が重要になってくるので私自身もヒューマンフォーカスなマーケティングを極め、行動履歴で取れないデータをいかに戦略に活かしていくか、科学し続けたいです。

仕事や人生で大切にしていること

新しいことにチャレンジし続けることです。よく過去の実績や経験を活かせるかどうかを気にする方がいますが、私は一つとして同じプロジェクトはないと思っています。そこに関わる人も、状況も変わるからです。

そして、実績があるからうまくいくのではなく、毎回新しいことに正面から向き合えるスタンスがあるから成功するのではないでしょうか。成功事例はこのご時世既に広まっていますから、同じ手法をそのまま活かすだけでは顧客の期待を超えるとは言えません。

特にマーケティング領域は変化のスピードも速いのでキャッチアップ力が非常に大事です。その覚悟がないならコンサルタントと名乗ること自体やめた方がいいのではないかとすら思います。

だから私は、新しいことに挑戦する手間や工数を絶対に惜しまず、常に自分を高め続けています。クライアントと、誰も気付けなかった突破口を一緒に見つけ、成功体験を共に作っていきたいです。

井上 裕介氏の事例

SNS・オウンドメデイアのユーザートラフィックを可視化しデータ統合することに成功、施策への投資判断が可能に

非公開大手自動車メーカー

背景・課題

  • 動画施策を開始し、Twitterなど複数のSNS上で配信していた
  • これらのプロモーションに対する顧客の声や反応をリアルタイムで見る方法を模索していたが、他社事例も見つからず、投資対効果が図れずにいた

結果

  • 各メディアでの反応を定量データに落とし込むことに成功し可視化するためのダッシュボードを作成
  • リアルタイムで顧客の声をなぜ見る必要があるのか?という本質的な問いに立ち返り、1ヶ月のキャンペーンを重厚長大な大企業が追う効果は薄く、そこに予算や人員を割く必要はないという意思決定ができた

自身がプロジェクトにアサインされた理由

  • SNSはデータを取得すること自体が難しいと言われている中で、スコアのロジックやグラウンドデザインを描き実装させた希少な実績を持っていた
  • 常に時代の一歩先を行くデジタルマーケティング施策を実践してきており、他社事例などの知見も豊富に有していた

チーム体制

  • マーケティング担当部長
  • メンバー4名

プロジェクトで意識したポイント

井上 裕介氏
  • どうやったら少しでも顧客の要望に答えられるか考えました。PV数などではなく、顧客の声をデータとして定量化する方法自体が世の中になかったのですが、言語解析を入れ、まずは定性評価を可視化することを提案しました。次に、動画に対する反応に4段階の行動ランクをつけスコア化しました。
  • 複数データを統合し可視化しました。オウンドメディアとSNS(facebook/YouTube/Twitter)それぞれでトラフィックや顧客の声を拾い、ダッシュボードとしてレポーティングしました。
  • クライアントのリテラシーにあわせたレポーティングを意識しました。大企業のマーケティング担当者の方は最新のツールや技術に実際に触れる機会がそこまで多くないため、報告書や提案書はとにかくわかりやすく記載することを意識していました。

その他のおすすめプロ人材一例