プロシェアリング > おすすめプロ人材 > IT技術/データを使った新規事業開発・業務改善・デジタル人材の育成まで行うデータデザインのプロ

IT技術/データを使った新規事業開発・業務改善・デジタル人材の育成まで行うデータデザインのプロ

地村 未知弘 氏

業務改善新規事業

経歴

インフォマティクス
パッケージ企画

インテック
新規事業開発(ビッグデータ関連)

           

データミックス
取締役

独立

プロフィール

IT大手のインテックにて大規模データを活用した事業開発、データ可視化パッケージの企画などデータビジネスに従事。2社の立ち上げに携わった後独立。地図情報と車載センサーから収集したビッグデータを組み合わせた公共機関向けリスク分析システム等の構築実績有。現在は ICT推進 ・業務改善コンサルタントとして業務フロー可視化~RPA導入や先端技術を駆使した新規事業立ち上げを支援。東京と富山の2箇所を拠点に様々な業界/規模/職種への支援実績を持つ。

プロ人材の対応可能支援範囲

地村 未知弘氏の支援範囲

創業期

新規事業開発 , 新商品開発 , 海外進出 , 認可取得・特許取得 , 販路開拓・営業強化


成⻑期

中期経営計画策定 , マーケティング戦略 , 営業組織強化 , WEBマーケティング , 小売店舗開発 , 生産管理 , 品質管理 , 物流改革・SCM


成熟期

業務改善 , アーキテクチャ設計・リファクタリング , 事業承継・M&A , セキュリティ強化 , 管理部門立ち上げ・ガバナンス強化・内部統制

フェーズ
共通

ブランディング・
広報

コーポレートブランディング・プロダクトブランディング , 広報組織立ち上げ・強化

人事

人事制度設計 , 人材採用 , 人材開発・人材育成 , 労務管理 , 働き方改革・テレワーク

経理・財務、その他バックオフィス

経理・財務体制強化 , 資本政策・資金調達 , IPO・IR強化・鞍替え , 法務

新たな脅威・
技術革新、
トレンドに対する対応

業態変革・DX , AI・機械学習 , ブロックチェーン , D2C・EC強化 , SDGs , オープンイノベーション , BCP

SCROLL RIGHT

プロとしての価値観を形成するまで

きっかけは「仕事ついでに地元を行き来したい!」と思ったことでした。

独立していれば地元と東京を行き来して、東京の最先端の事例に関わりながらも地方が直面するITの課題を解決するための支援や、そういった地方の現状を都心に伝えて製品開発に活かしていく橋渡しも可能になると考え、現在の働き方に至りました。

私は一緒に働く仲間にはプライベートも仕事も大切にして欲しいと考えており、将来的には地元富山に子会社を作り、富山出身の優秀な人が介護などのライフイベントで離職に追い込まれないよう受け皿になりたいと考えています。

仕事や人生で大切にしていること

大切にしていることは3つあります。

1つ目は失敗を恐れないこと。小さい失敗をたくさんすることが成長への近道と考えています。考えて行動しない事よりも行動する勇気とその一歩を大切にします。

2つ目はカスタマーファースト。お客様の満足の先に利益があると考えます。お客様のご意見に真摯に応えることで、我々の思考や仕事がより洗練され続け、さらに良い価値を提供でき、良い循環が生まれます。

3つ目は相手目線で話すこと。デジタルが絡む業務改善・業務改革では「自分の仕事を変えられてしまうのではないか」というアレルギー反応が出てしまうことが多いです。ITリテラシーが高くないケースも往々にしてありますから、専門的な話であってもきちんと噛み砕いて伝えることを大切にしています。

地村 未知弘氏の支援事例

年間2000時間削減、RPA導入で業務改善と新事業立ち上げに成功

イセ株式会社包装資材・機械の総合商社

背景・課題

  • 時代の流れや人手不足問題の解消を考えると、業務のIT化が必須であり、会社が新たな付加価値を得るためIT事業を立ち上げたいという構想を持っていた
  • 初の社内SEも採用しリソースは確保できているが具体的な進め方で悩んでいた

ProSharing導入結果

  • 年間2000時間以上の業務時間削減や社内リソースの見直しにより全社の生産性向上に成功
  • そのノウハウを活用しRPA導入支援の新規事業の立ち上げにも成功
  • 北陸でDXに成功した企業として、社長のセミナー登壇依頼が増加

ProSharingコンサルタントが地村氏をアサインした理由

  • ICTツールを利活用した業務改善の実績が豊富であること
  • 自身も新規事業や会社立ち上げの経験があるので経営者とも現場とも対峙できる視点をもっていること
  • 東京でのDX(デジタルトランスフォーメーション)プロジェクトから得た知見を、地方企業へ還元している経験が豊富にあること

チーム体制

  • カウンターパート:社長
  • プロジェクトメンバー:同社初の社内SE、各部署の担当

プロジェクトで意識したポイント

地村 未知弘氏
  • 小さくても成功体験を作ることです。まずは目の前にある小さな課題を改善して結果を出すことで「自分たちの力で改善ができる」という自信をつけてもらいました。
  • 一つの成功を社内に波及させていくことです。DXは全社に浸透させる必要がありますから、ITの力で会社を今よりもう一段上に引き上げるという意識を成功事例の横展開で実現させました。

その他のおすすめプロ人材一例