プロシェアリングコンサルティング > おすすめプロ人材 > 3社のIPO実現、大手含む数十社の営業DXの支援実績を誇るインサイドセールス立ち上げ・運用のプロ

3社のIPO実現、大手含む数十社の営業DXの支援実績を誇るインサイドセールス立ち上げ・運用のプロ

藤田 健太 氏

営業組織強化

経歴

弁護士ドットコム
営業統括マネジャー

メドレー
営業統括

セルソース
執行役員

独立

プロフィール

弁護士ドットコム、メドレー、セルソースなど上場ベンチャー企業の営業組織を牽引し、いち早くインサイドセールスの立ち上げに着手。事業責任者として複数回の株式上場を経験。2018年株式会社インサイトを創業し、現在は戦略的分業営業モデルのエバンジェリストとして、大手企業からスタートアップまで幅広い企業のインサイドセールス立ち上げ、営業組織改革支援を実施中。現在、営業進捗管理ツール「GRAPH-グラフ-」を企画開発中。

プロ人材の対応可能支援範囲

藤田 健太介氏の支援範囲

創業期

新規事業開発 , 新商品開発 , 海外進出 , 認可取得・特許取得 , 販路開拓・営業強化


成⻑期

中期経営計画策定 , マーケティング戦略 , 営業組織強化 , WEBマーケティング , 小売店舗開発 , 生産管理 , 品質管理 , 物流改革・SCM


成熟期

業務改善 , アーキテクチャ設計・リファクタリング , 事業承継・M&A , セキュリティ強化 , 管理部門立ち上げ・ガバナンス強化・内部統制

フェーズ
共通

ブランディング・
広報

コーポレートブランディング・プロダクトブランディング , 広報組織立ち上げ・強化

人事

人事制度設計 , 人材採用 , 人材開発・人材育成 , 労務管理 , 働き方改革・テレワーク

経理・財務、その他バックオフィス

経理・財務体制強化 , 資本政策・資金調達 , IPO・IR強化・鞍替え , 法務

新たな脅威・技術革新、トレンドに対する対応

業態変革・DX , AI・機械学習 , ブロックチェーン , D2C・EC強化 , SDGs , オープンイノベーション , BCP

SCROLL RIGHT

プロとしての価値観を形成するまで

営業の責任者として、弁護士ドットコム・メドレー・セルソースの各社をIPOに導いた経験から数字にコミットする営業組織を創っていくことが自身の天命であると感じ、独立を決意しました。

数字は無機質で冷酷な性質を持つため、向き合うためには、適切な手段に加え、強いメンタリティが必要です。経験上、急成長を果たす組織、苦難を乗り越える組織には「軸」となる人の存在が不可欠であり、私がその人材でありたいと思っています。

容易ではないミッションの達成に向けて自分を律し、行動し続けた結果として、達成した幸福感・充実感は、仕事の枠を超え、人生にとっても非常に重要なエッセンスになると思います。この気持ちを営業に関わる多くの方に体感してもらい、個人が成長することで、その集合体である企業の事業成長にもつなげていきたいと思っています。

昨今、営業DXが叫ばれる中、デジタルを取り入れることが「手段」ではなく、「目的」になっている組織が多いと感じています。今後は、デジタルをいち手段として使いこなし、持続的に企業を成長させる営業組織を一つでも多く創るべく、全面的に支援していきたいです。

藤田 健太氏の事例

大手製薬会社の看板商品のV字回復を牽引、インサイドセールスを起点に販路を全国に拡大

非公開大手製薬ーカー

背景・課題

  • 主力商品が競合の集客力に押され、販路先で看板商品として扱われなくなったことで顧客との接点が激減し、売り上げが伸び悩んでいた
  • 既存顧客中心の営業スタイルから今後は、積極的に新規顧客の開拓に注力していく必要があった

結果

  • 新規事業として、サブスクリプション事業を立ち上げた
  • インサイドセールスの導入により、月間契約獲得件数が15件から100件水準へ伸長
  • サブスクリプションモデル事業は、2020年は東京都の企業のみを対象としていたが、2021年より全国にて展開予定

自身がプロジェクトにアサインされた理由

  • 成長ベンチャーから大手企業まで、複数事業にて、DX促進含むBtoB新規営業チームを牽引した経験から、クライアントの課題や現状のリソースに合わせて最適な組織をデザインできる
  • プロジェクトにおいて活動を共にするBPO先のネットワークが複数社あり、アウトソース先も成果にコミットさせることができる

チーム体制

  • 副社長
  • 新規事業部長

プロジェクトで意識したポイント

藤田 健太氏
  • 支援当初、少数精鋭の2名でインサイドセールスチームを結成し、月間3,000callでROI検証を開始。その際、ターゲットリストごとの商談転換率に関する各種データを取得し、その後のプロジェクトを効率的に進める戦略を構築しました。
  • トライアルで検証したトークスクリプト、戦略を基に、規模を拡大して外部委託を展開しました。
  • 有益性の低い商談を避けるため、アポイント取得前の「資料送付」を仕組み化しました。資料送付を希望してくださった企業とのやりとりが中心となり、結果的にインサイドセールス部隊の無駄なアクションが減り、生産性が向上しました。

その他のおすすめプロ人材一例