プロシェアリング > おすすめプロ人材 > アクセンチュア出身、大手企業のMAツール導入実績を多数持つ営業DXのプロ

アクセンチュア出身、大手企業のMAツール導入実績を多数持つ営業DXのプロ

杉山 元紀 氏

営業組織強化WEBマーケティング戦略

経歴

アクセンチュア
ビジネスコンサルティング本部

Payke
取締役

独立

プロフィール

アクセンチュアの経営コンサルタントとして、大手メディア・人材企業に対し、MAツール導入、営業・マーケティング部門の業務改革等、多数のPJTを推進。その後、ベンチャー企業の取締役として、営業組織強化、マーケ・IS部門の立上げをリードし、MRR昨対比400%の成長/リード獲得数昨対比2000%を達成。現在は独立し、複数社の営業DX並びにマーケティング支援を行っている。

プロ人材の対応可能支援範囲

杉山 元紀氏の支援範囲

創業期

新規事業開発 , 新商品開発 , 海外進出 , 認可取得・特許取得 , 販路開拓・営業強化


成⻑期

中期経営計画策定 , マーケティング戦略 , 営業組織強化 , WEBマーケティング , 小売店舗開発 , >生産管理 , 品質管理 , 物流改革・SCM


成熟期

業務改善 , アーキテクチャ設計・リファクタリング , 事業承継・M&A , セキュリティ強化 , 管理部門立ち上げ・ガバナンス強化・内部統制

フェーズ
共通

ブランディング・
広報

コーポレートブランディング・プロダクトブランディング , 広報組織立ち上げ・強化

人事

人事制度設計 , 人材採用 , 人材開発・人材育成 , 労務管理 , 働き方改革・テレワーク

経理・財務、その他バックオフィス

経理・財務体制強化 , 資本政策・資金調達 , IPO・IR強化・鞍替え , 法務

新たな脅威・
技術革新、
トレンドに対する対応

業態変革・DX , AI・機械学習 , ブロックチェーン , D2C・EC強化 , SDGs , オープンイノベーション , BCP

SCROLL RIGHT

プロとしての価値観を形成するまで

大阪の商売人家系に生まれ、「杉山家の人間はサラリーマンなられへんで」と言われて育ったので幼い頃から独立心が潜在意識の中に刷り込まれていると思います。

ベンチャー、大手外資コンサルファーム、スタートアップ経営の経験を経て、やはり自分自身で最高のチームを作り、本当に世の中に必要とされる事業を作りたいと思い、独立しました。

今後も人との出会いを大切にしながら、クライアント目線に立ち、伴走して支援をしていきたいです。

仕事や人生で大切にしていること

常に自分自身の頭で考え、本質と向き合いながらも人の感性を大切にすることを心掛けています。
課題と向き合い論理的に解決策を導き出すことは重要です。しかし、今までの経験からそれだけでは人の心は動かないし、良いチームもプロダクト作れないと知りました。

だからこそ、これからは、相手の感性を尊重し、最大限に引き出せる組織や環境を作りたいです。頭と心のバランスを上手く保ち、ケースによって正しく使い分けながら、クライアントの支援や組織・事業を作っていきたいです。

杉山 元紀氏の事例

大手人材企業にMAツールを導入、休眠顧客の掘り起こしで売上向上

大手人材会社人材業界

背景・課題

  • 顧客データベースにフォローできていない既存顧客が数万件以上あった
  • 売り上げが落ちているわけではなかったが転職市場は波があるので、冬の時期に備えて既存顧客のナーチャリングをしておきたかった

結果

  • 2.5ヶ月でIS部門へのMAパッケージツールの設計から導入までを完了させた
  • MAツールにて顧客のナーチャリングを実施し、新しいプロダクトにおけるISのクロージング率が40%に増加した

自身がプロジェクトにアサインされた理由

  • 大手外資コンサルティング企業とスタートアップ企業の経営経験を活かした、経営・事業実務の3つの立場を理解した体系的なコンサルティングが可能である
  • 大手企業のセールス・マーケティング領域の戦略策定やBPR、SFA/MA設計導入等のコンサルティング経験とスタートアップ企業のセールス・マーケティング部門の統括経験を有しているため、クライアントの規模感に合わせた支援が可能である

チーム体制

  • マーケティング部門責任者

プロジェクトで意識したポイント

杉山 元紀氏
  • 「なんとなく良さそうだから」とMA導入を依頼されることが多いですが、それでは上手くいきません。そのため、どのような課題があり、どの部分をMAで解決したいのかを詳細までヒアリングし、MAを導入することで何を達成したいのか、予めゴールを明確にしました。
  • 要件定義を通して、マーケティング部門以外の営業やカスタマーセンター、システム部門を巻き込み、事業全体にかかるプロジェクトだという意識を醸成しながら進めました。
  • はじめから複雑なことをしても再現性が低いので、最初はシンプルな3ステップ程度のシナリオから始めました。

その他のおすすめプロ人材一例