プロシェアリング > プロシェアリング個人向けTOP > ご登録いただいているプロ人材の一例 > 新規事業開発×ブランディング×ソーシャルビジネスを掛け合せた事業開発のプロ

新規事業開発×ブランディング×ソーシャルビジネスを掛け合せた事業開発のプロ

大畑 慎治 様

ブランディング,新規事業

メーカーの新規創出部門で10年間、業種、業界、産官学を超えた形で、いくつかの新規研究、新商品、新規事業の立ち上げを経験。並行してMBAを取得後、ブランドコンサル、ビジネスコンサル、ソーシャルクリエイティブグループにて、事業創出やブランド変革に関する大手企業の中長期プロジェクトを多数手がける。現在は合同会社O代表、マカイラ シニアコンサルタントとして、産(産業や企業)と官(政府、官公庁、自治体、行政)の両領域をまたぐ形の新たな社会形成の支援と、新規事業開発×ブランディング×ソーシャルビジネスを掛け合わせたポスト資本主義時代の経営コンサルティングを実施中。早稲田大学MBAソーシャルイノベーション講師。

プロとしての価値観を形成するまで

事業会社に所属をしているとき、既存事業の改善や成長をできる人はたくさんいるけれど、新たな事業を創出できる人は非常に少ないと感じ、その道を極めるプロになりたいと思いました。

特に、マーケティングは同じやり方で同じ成果を出し続けられるものではありません。同じ戦略を実行しても、人の価値観や社会情勢、トレンドの変化などのタイミングによって反応がまるで変わります。だからこそ、その複雑さを読み取り、時流に合った最適な戦略を立案するためにはずっと勉強し続けていかなければと思っています。

企業が新しい挑戦をする際は、経営レイヤーがすべてを俯瞰し、マーケティング戦略はもちろん、質の高いクリエイティブに至るまでの設計を進めていくことが重要です。
ただ、ひとりで全てを実施するのは現実的には難しいこともあります。そんな経営者のパートナーとなり、新しい挑戦を一緒にしていきたいと思っています。

プロとして意識しているポイント

  1. 会社全体を俯瞰すること。経営レイヤーの立場で考え、経営戦略、マーケティング戦略、ブランド戦略に基づき、どう戦略的に目的を実現していくかを検討し、提案することを徹底しています。
  2. クライアントが本当にやりたいことを見つけること。多くの企業がマーケットリサーチから入り、伸び代があるマーケットで新規事業を始めようとします。しかし新規事業は相当なエネルギーが必要なので、本当に自分たちがやりたいことでないと最後までやり切ることができません。まずは、自分たちが何をやりたいのかを引き出し、その後にビジネスとしての成立や、ソーシャルへと繋げる提案をしています。
  3. 感性を大切にすること。新しい挑戦は、進めてみなければわからないことが多いです。物事を進める上でロジックはもちろん重要ですが、それだけでは周りは動いてくれません。ロジック以上に「なんか面白そう」というワクワクした感情が一歩前へ踏み出す後押しをしてくれます。そのために感性に訴えるクリエイティブにもこだわり、周りを巻き込んでいく環境作りをしています。

大畑 慎治氏のプロジェクト事例

ものづくりメーカーからライフスタイル全般を応戦するメーカーへのリブランディング

非公開 様 アパレルメーカー

背景・課題

  • 国内人口ピラミッドの変化や、顧客ニーズの多様化により、業界のマーケット環境自体が変化していた
  • 時代の変化に伴い、事業の展開の仕方を見直すべきという課題感はあったが、具体的にどのように進めていけば良いかわからなかった

成果

  • モノづくりメーカーから顧客のライフスタイル全般を応援する企業へと変革するためのブランドコンセプトを策定
  • 新たな企業方針、ブランドスローガン、メッセージ、キービジュアルを社長訓話にて社内発表、その後全国の展示会を通じて業界関係者に披露・展開
  • 社内の各部署や全国の営業拠点から、ロゴ、メッセージ、ビジュアルなどの使用や展開に関して多くの問い合わせがあり、組織としての能動的なブランディングの基盤を構築

プロジェクトで意識したポイント

takimoto-hiroko
  • 企業として地に足のついたリブランディングを実現していくためには、単なるクリエイティブやコミュニケーションだけではなく、実際の企業の事業、活動、意識、制度、風土などのリアルな実態のシフトが必要です。そのため、プロジェクトを中長期視点の段階的なフェーズで設計しました。初年度は、社内や業界関係者などの近いステークホルダーに対して、変革を起こすことを強く示すための期間としてスタートしました。
  • 社内外のステークホルダー全体の意識と実態を変えていくために、コアエレメントやコアツールを中心としたクリエイティブを展開しました。また、ピクトグラムやブランドマップを活用しブランド理解を促進させ、コンセプトを中心とした企業活動やプロモーション・PRなど、包括的で一貫性を持った企業ブランドマネジメントをしました。

Executive Coordinatorエグゼクティブコーディネーター

花園 絵理香

新卒で入社した大手製造メーカーにて秘書業務に従事。その後、業界屈指の医療系人材会社にて両手型の営業を担当し全社MVPを獲得、人事部中途採用に抜擢され母集団形成からクロージング面談まで幅広く実務を経験。キャリアチェンジを通し、仕事によって人生も大きく変化することを実感。サーキュレーションでは、得意分野で生き生きと前向きに活躍する個人を1人でも多く増やせるよう、プロ人材の経験知見のアセスメント業務に従事。

その他のご登録プロ人材の皆様の例