WHO WE ARE

わたしたちについて

SCROLL

BRAND STORY

VISION

MISSION

わたしたちの価値観

事業の背景

わたしたちの解決方法

代表メッセージ

CTOメッセージ

知のめぐりをよくする。

「知らない人」と「知っている人」がいる。
火を知らない人は、火におびえながら生きる。
火を知っている人は、それを使いこなして生き残る。
言葉を知らない人は、伝えることも整理することも
できないまま、ただ、その日その日を生きる。
言葉を知っている人は、想いを伝え、
世界を変えていける。
サーキュレーションは、知の出会いをつくる。
「知らない人」を「知っている人」にする。
人類が新しいページをめくるために、
私たちは、知のめぐりをよくする。

VISION

わたしたちが目指す世界

世界中の経験・知見が
循環する社会の創造

MISSION

ビジョンを達成するために

世界でNo.1のサービスを創る

お客様と共に発展し革新する

新しい働く価値観を創る

CIRCUIZM

わたしたちの価値観

For Professional,
Be Professional

プロのためにプロになる

感動する仕事を創る

プロフェッショナルとは、最高の結果を残す人。最高の結果とは、期待値を超え、社会にインパクトを与えること。それが、「感動する仕事」になる。感動する仕事を創り出すため、常に前向きに捉え、最高の結果を出し続けること。

開拓者精神

プロフェッショナルとは、高い精神力を持つ人。高い精神力を維持し、常に行動し続けることで「開拓者」となること。課題を好み、市場を切り開く不屈の精神を持つこと。

変化を楽しむ

プロフェッショナルとは、変革に挑む人。日々の変化を積み重ね、成長を遂げていく。それが自分にとっても、組織にとっても、着実な一歩となる。変化し続ける環境の中で、変化していく自分に夢中になり、楽しんでいる。

驕り、甘さ、他責なし

プロフェッショナルとは、常に自らを律し、奢らない人。プロフェッショナルとは、常に現状に満足せず、自分を甘やかさない人。プロフェッショナルとは、常に当事者意識を強く持ち、他責にしない人。どんなときも奢らず、自らを甘やかさず、他責にしないこと。

知の探究

プロフェッショナルとは、アウトプットするためのインプットを欠かさず、圧倒的な知識を有している人。歴史から学び、未来を考え抜くこと。物事の本質を見抜くために、知の泉へ飛び込み続けること。

信頼と尊敬

プロフェッショナルとは、互いを信頼し尊敬する関係を築く人。「組織・チームで取り組むこと」に「一人ひとりが全力を注ぐこと」で信頼が生まれる。敬意を持ち、謙虚でいる。利他の精神を持ち、与える側でいる。

BACKGROUND

事業の背景

01

01

深刻な社会課題

少子高齢化による労働力の減少に始まり、人生100年時代におけるシニア世代の働き方、産後の女性の復職、地方中小企業の事業承継問題、大手企業のイノベーションのジレンマなど日本は国の経済発展において多くの課題を抱えています。
従来の企業と個人が「雇用」という形で繋がるというあり方では、これらの課題に対応することが困難な状況になってきています。「人」ではなく、人が保有する「経験・知見」をどう活用するかということに着目することで、時間や場所、組織の枠組みなどの制限なく、個人が力を発揮できる仕組みが必要になっていくと考えられます。

02

02

ライフスタイルの変化

モノからコトへ。豊かさの概念が見直されています。
個人の「働く」ことに対する価値観も変化しています。
終身雇用の終焉、副業・兼業の原則容認などにより、企業に依存しない「個」として働くことを選ぶ人が増えていくでしょう。
時間や場所の柔軟さ、対価としてお金よりもやりがいや重視するなど、個人の働く価値観の変化に合わせたサービスはより求められるものとなっていくはずです。

03

03

グローバル化によるHRテクノロジーの必要性

技術の進歩によってグローバル化は加速。国境を超えての受発注や国外の知見を取り入れていこうという動きはより活発になっています。それに伴って、国家間でのシームレスな取引や評価ができる仕組み、知見が行き交うプラットフォームの整備も必要になってくるはずです。

OUR SOLUTION

わたしたちの解決方法

01

01

プロシェアリング

「プロシェアリング」とは、経験・知見をベースに複数企業で同時に活躍する外部のプロ人材の支援を受け、企業を成長させていく新しい成長戦略です。企業規模、首都圏・地方に関わらず必要な時に、必要なだけプロの知見を活用することができます。

02

02

HR Tech

先端的なテクノロジーを活用し、国内外における雇用という形態に縛られない人材活用の推進や新しい働き方を提供するサービスの開発を行なっています。

東京と福岡にラボを設け、AI、ブロックチェーンなど先端的な領域の実証実験や研究開発も行なっています。

03

03

ソーシャルデベロップメント

持続可能な社会を実現するため、私たちは「社会課題解決のためのプロシェアリング」に取り組んでいます。社会的意義のある活動に積極的なプロ人材と共に、官公庁や地方創生を目指す地方自治体、経済活動と社会課題解決の両立に積極的な企業と連携し、社会により良い循環を生み出していきます。

CEO MESSAGE

代表メッセージ

よりよい世界のために「知のめぐりをよくする」

企業や組織の成り立ちは様々ですが、私たちにはまず初めに、実現したい未来がありました。

少子高齢化による労働力の減少に始まり、シニア世代の働き方、産後女性の復職、中小企業の事業承継問題など、日本は国の経済発展において多くの課題を抱えています。従来の企業と個人が「雇用」という形で繋がるというあり方では、これらの課題に対応することが困難な状況になってきています。
また、世界に目を向けると、貧困や紛争など課題はより深刻です。生まれた国や環境によって教育や機会の格差が生まれてしまう。そんな不平等・不条理も解決していきたいと考えました。

「知」がひとところにとど留まることなく、めぐっていく仕組み。
世界の隅々にまで知がいき渡り、個人や組織、社会の課題も解決することができる。
検索ではたどり着けなかった、知にもすぐにアクセスすることができる。
生まれた国も環境も関係なく、誰もが平等に知に出会うことができる。

そんな未来を実現するために「世界中の経験・知見が循環する社会の創造」というビジョンを掲げ、誕生したのがこのサーキュレーションという会社です。

「プロシェアリング」で労働・人材市場に変革を起こす

私たちが取り組んでいるのは、高い専門性を持つプロフェッショナルの知見を活用し、企業の経営課題を解決する「プロシェアリング」です。
地方金融機関やベンチャーキャピタルと連携し、ノウハウ・人材不足に悩む地方の中小企業、最先端のスタートアップ、大手企業まで、日本中あまねくプロフェッショナルの「知」を届けます。

人材の活用において「雇用」が前提となっている日本社会において、一人が複数の企業で働く「プロシェアリング」は新しい概念です。
しかし、既存の労働・人材市場に変革は起こり始めています。
一つは、グローバルにおけるギグエコノミーの浸透です。単発での仕事を受注するホワイトカラーのギグエコノミーは、まさにプロシェアリングの概念であり、今後日本でも進展すると考えられます。
また、個人の「働く」に対する価値観も変化してきています。終身雇用の終焉、副業・兼業の原則容認などにより、企業に依存せず個として働くことを選ぶ人はますます増えていくでしょう。

そして、ビジョンに掲げる世界中に知をめぐらせる仕組みを創る上で欠かせないのがテクノロジーの力です。先端的なテクノロジー活用で、グローバルレベルの新しい人材活用の仕組みや新しい働き方を創っていきます。

私たちは、既存のエコノミクスの原理を覆し、新しい価値を提供することを使命とし、日本経済の発展、様々な社会課題の解決を目指し、世の中の知のめぐりをよくしていきます。

代表取締役 久保田雅俊

CTO MESSAGE

CTOメッセージ

テクノロジーで新しい働く価値観を創る

テクノロジーの発達により、「働く価値観」は大きく変わりました。時間と場所に縛られない働き方ができるようになり、仕事の受発注がオンラインで行われるようになりました。AI、ブロックチェーン、5G通信など、先端技術の進歩はさらに新しい「働く価値観」を生み出していくでしょう。

サーキュレーションの掲げるビジョン「世界中の経験・知見が循環する社会」の実現をテクノロジーで加速させたい。そんな思いで、技術組織”CIRCULATION Technology Lab”を立ち上げました。東京と福岡に開発拠点を持つ、エンジニアやデザイナーが主役のチーム。自由な発想で技術を楽しみながら、成果にコミットしていく組織を目指しています。

私たちは技術を活用して世の中の変革を主導していく、テクノロジーカンパニーを目指し、これからも多くの価値を発揮していきます。

取締役 CTO 大谷 祐司

WHO WE ARE

ACCESS GUIDANCE

サーキュレーション本社へは3つの駅を
ご利用頂けます。

東京メトロ明治神宮前駅 出口5より徒歩5分

JR原宿駅 表参道口より徒歩8分

東京メトロ表参道駅 A2出口より徒歩10分

道が入り組んでおりますので、下の道案内をご確認頂き、気を付けてお越しください。
※「竹下口交差点」を起点としたご案内となりますのでご了承ください。

1

竹下口の交差点から表参道方面へ

2

信号を渡って直進します

3

二つ目の角を左折します

4

左折した先を直進します

5

左手に本社サーキュレーションビルが見えます