プロシェアリングコンサルティング > ウェビナー・イベント > 【三方よしの事業価値の創り方】顧客起点で考えながら“自社にしかできない“事業を創り上げるための3つのポイント

【三方よしの事業価値の創り方】顧客起点で考えながら“自社にしかできない“事業を創り上げるための3つのポイント

頭では重要と理解しつつも、なかなか実践ができないと感じる方が多い「顧客起点の事業開発」。

顧客起点の事業にすべく自社アセットを活用すると独自性や優位性がないソリューションになった、自社で取り組む意義が薄いとアイデアを突き返されてしまったとお悩みの皆様へ向けて、以前好評だった本ウェビナーを再放送いたします。

今回の講師はAmazon・Visa・Google等で日本のマーケティング統括等を歴任したプロ柏木 孝文氏です。

数々の有名企業で社会に新しい価値をもたらす活動を豊富に経験されてきた柏木氏より、顧客起点で考えながら“自社にしかできない”事業を創る3つのポイントについて語っていただきます。

こんな方へおすすめ

  • ・顧客起点での新規事業開発を進めたいが、「自社アセットを活用すると独自性や優位性がないソリューションになった」「自社で取り組む意義が薄い」という壁に毎回当たってしまう
  • ・新規事業を立ち上げたがすぐにレッドオーシャン化してしまい、既存事業の改善活動に終始してしまう
  • ・現在の事業方針やブランディングでは撤退が見え始めているため、市場性をより考慮した方針に転換したいがやり方が分からない

ウェビナー内容

12:00 ~ 12:05
オープニング
12:05 ~ 12:50
  • ・新規事業立ち上げにおいて多くの企業が悩む課題とは
  • ・AmazonやVisaでマーケ統括を歴任したプロが語る、企業が追い求めるべき“三方よしのコアバリュー“
  • ・顧客起点で考えながら“自社にしかできない“事業を創り上げる3つのポイント
12:50 ~ 12:55
質疑応答
12:55 ~ 13:00
アンケート ※アンケートにご回答いただいた方限定で当日の本編動画を送付しております

登壇者プロフィール

柏木 孝文氏

Amazon・Visa・Google等で日本のマーケティング統括等を歴任したプロ

日本の酒類メーカーを経て、米国の広告会社のマッキャンエリクソンでグローバルブランドのマーケティングと広告に携わったのち、GEの個人金融事業のマーケティング部門長としてレイクブランドの改革を進め、無利息融資を世間に広げ、業界No.1ブランドに成長させる。その後、Googleで率いるチームのYouTube広告取扱高をアジア最大に育て、VISA JapanではTOKYO2020に向けたキャシュレス決済拡大とブランド強化に専心。さらにAmazonで決済部門のマーケティング業務を統括。一貫して社会に新しい価値をもたらすことに力を注いだ経験を活かし、2022年から起業家として新事業確立に注力している。

松井 優作

株式会社サーキュレーション プロシェアリング本部 マネジャー

早稲田大学卒業後、新卒一期生で創業期のサーキュレーションに参画しマネジャー就任。首都圏を中心に自動車や大手製薬メーカーなど製造業50社以上に対し、全社DXの推進・新規事業開発・業務改善・営業部隊の構築・管理部門強化などの幅広い支援実績を持ち、実行段階に悩みを抱える企業の成長を支援中。

ウェビナー基本情報

日付
2024/8/1(木) 12:00〜13:00
費用
無料
イベント形式
完全オンライン配信(YouTube Live)
参加特典
当日の本編動画
※ウェビナー終了後に実施するアンケートにご回答頂いた方限定
注意事項
当配信は2024年5月29日に収録した内容の再配信になります。ライブ配信ではありません。

お申し込み