プロシェアリング > 導入企業事例 > 地方の中小企業がICTを活用した業務改善でデジタルシフトを推進
業務改善

地方の中小企業がICTを活用した業務改善でデジタルシフトを推進

アルミファクトリー株式会社 様 アルミ押し出し形材の切断・加工・組立

背景・課題

建材メーカーの下請からの脱却し会社を成長させていくために、アナログかつ非効率な業務の見直しを検討するも、リテラシー不足や業務改善を推進する人材の不在により手をつけることができなかった。

ProSharingの導入結果

プロシェアリングの活用により、業務手順書のフォーマットの統一や、ICTツールの導入など、社内のメンバーだけでは進められなかった業務を推進することができるようになった。

背景・課題

「生産性向上」「ICT導入」の2点に課題があった。生産性向上という点では、紙の使用量が多くアナログな管理から脱却できないなど、漠然と「無駄が多いのかもしれない」と感じることが多かったが、具体的に何をどうしていいか分からなかった。

ICTの導入についても、どのようなソフトやツールがベストなのか検討するうえのリテラシーが社内になく、進めることができていなかった。

ソリューション

Phase0
【無料】課題/解決策ご提案
Phase1
プロジェクト進行の合意形成
Phase2
業務フローの可視化と要件定義
Phase3
システムの導入とオンボーディング
Phase4
デジタルシフトの全社展開の検討
プロシェアリング
コンサルタント
(サーキュレーション)
  • ・「ICTツール導入による業務改善によるデジタルシフト」というソリューションを提案
Phase1以降は伴走
プロ人材
  • ・社内定例会議へ参加
  • ・潜在的な業務課題の可視化
  • ・進行のマイルストーンの設計
  • ・細かい改善点のアドバイス実施
  • ・業務手順書のフォーマット設計
  • ・ICTツールの選定軸の設計と比較検討
  • ・ICTツールの導入
  • ・ICTツール活用おける社内浸透
  • ・定例会にメリハリをつける文化醸成
  • ・RPA導入の検討
  • ・テレワーク導入検討
  • ・働き方改革の推進ロードマップの検討

SCROLL RIGHT

導入成果

専門性の高い人材とタッグを組んで仕事をしたいが採用は難しいと考えていた中で、北陸銀行主催のセミナーに参加し「プロシェアリングサービス」という存在を知った。その後、経営課題や目指す将来像などについてヒアリングしてもらい、プロシェアリングの活用を意思決定。「ICTツール導入を中心とした業務改善によるデジタルシフトの推進」に着手し、多くの成果が出た。

  1. そもそもの業務手順書のフォーマットの統一のような生産性向上につながる施策を推進できるようになった
  2. リテラシー不足で検討できなかったICTツールの導入を進められた
  3. 日々の社内会議に参加してもらうことで、さまざまな業務における無駄を浮き彫りにしてくれた

課題解決後の展開について

新しいテクノロジーを積極的に取り入れて、働き甲斐のある楽しい会社にすることを目指していきたいので、「女性の働き方改革」「テレワークの導入」「RPA(Robotic Process Automation)導入」などより広範囲の業務改善や会社の抜本的な仕組みの改革を進め、全社的なデジタルシフトを遂げたいと考えています。

我々がローカルにおけるプロ人材活用のロールモデルになって、「アルミファクトリーの躍進を支えた人」としてJさんの評判も高まるように尽力したいと考えています。また、我々のような地方の中小企業にとって、首都圏に拠点を置くプロ人材を雇うことは至難の業なので、期間限定でハイパフォーマンスを発揮できるプロ人材とのプロジェクトをスピーディーに始められるサーキュレーションのサービスはとても貴重なので、うまく活用していきたいです。

左:プロシェアリングコンサルタント 北信越支社長 大平 瑞木
右:アルミファクトリー株式会社 代表取締役 棚元政夫 氏

Professionalプロフェッショナル人材

地村 未知弘

インフォマティクス、インテック、データミックス共同創業を経て独立。生体センサースタートアップやAIスクールのスタートアップ立ち上げから、IT大手のインテックにて大規模データを活用した事業開発、データ可視化パッケージの企画/プリセールス/デリバリーなどデータビジネス領域で豊富な経験を持つ。現在はIoTやAIに関わる新規ビジネス開発、 ICT推進 ・業務改善コンサルタントとして活躍。

ProSharing Consultantプロシェアリング コンサルタント

大平 瑞木

早稲田大学卒業後新卒で大手保険会社に入社し全国トップクラスのセールスとして複数賞受賞。サーキュレーションでは大手ゼネコンの業務自動化、地方中小企業のIT事業立ち上げなど様々な企業の経営革新プロジェクトに携わる。2019年より北信越支社長へ就任、北陸銀行、八十二銀行はじめ地場銀行とのアライアンス締結など地域全体の活性化に従事。