SUSTAINABILITY


01
マテリアリティ(重要課題)と
PHILOSOPHY & SUSTAINABILITY

サーキュレーションのサステナビリティステートメント「機会格差をなくし、人の可能性を最大化する」のもと、企業・事業活動を通じた持続的成長及び社会価値提供の実現に向け5つのマテリアリティを特定しました。これらに対しコミットメントしていくことで長期を見据えた持続可能な経営の実現と、結果として我々が掲げるミッションの達成、及び2030年までのSDGsの達成を目指しています。経営理念を追求し続けると同時に、10年後を想像し社会課題解決へ向けた価値提供をし続けるPHILOSOPHY & SUSTAINABILITY経営を体現していきます。

マテリアリティ(重要課題)とPHILOSOPHY & SUSTAINABILITY
02
マテリアリティ(重要課題)特定プロセス

持続可能な開発目標「SDGs」17項目のアジェンダ及び169ターゲット、SASB、GRIスタンダードなどを参考にし、自社及びステークホルダーにとっての重要課題を特定しています。また、2030年を起点とした外部環境分析及びステークホルダーの変化と機会/リスク評価から、現時点においてのみならず中長期的な視点で、自社及びステークホルダーにとっての重要度を評価し、横軸「自社事業との関連性」と横軸「ステークホルダーからの期待」にプロットしています。それらを最終的に5つのグループにカテゴライズし、サーキュレーションのマテリアリティとして設定いたしました。

マテリアリティ(重要課題)特定プロセス
03
5つのマテリアリティ(重要課題)と19の価値創出項目
オープンイノベーションを通じた企業と地域の経済活性化
プロシェアリングマーケットの創造
持続可能な経営を実現する強靭な経営体制
人の可能性を最大化するインクルーシブなパートナーシップ
エシカルなエネルギーアクション
5つのマテリアリティ(重要課題)と19の価値創出項目
04
SDGsへのコミットメント

サーキュレーションの5つのマテリアリティ(重要課題)を通じ、2030年に向け持続可能な開発目標「SDGs」へコミットメントしていきます。 私たちの中核事業である「プロシェアリング」を通じて、No8「働きがいも経済成長も」へ大きく貢献すると同時に、既存事業を通じてのみでなく新規事業や新たな人事企画・制度への挑戦をし続けることで、特にNo9「産業と技術革新の基盤をつくろう」、No4「質の高い教育をみんなに」、No5「ジェンダー平等を実現しよう」に対して因果関係を見出し大きな影響を与えることができると考えています。それらに関する価値提供をし続ける結果、「機会格差をなくし、人の可能性を最大化する」ことに繋がるNo10「人や国の不平等をなくそう」を達成させていきます。

SDGsへのコミットメント
オープンイノベーションを推進する
オープンイノベーションを推進する
従来の「正社員」という働き方だけでなく、個人と企業が、信頼とプロジェクトで繋がる働き方へ。
個人は、それぞれが保有する「経験・知見」を活かし、時間や場所、組織の枠組みなどの制限がない新しい選択肢を。企業は社内にないノウハウを外から積極的に取り入れ、イノベーションを加速する。 私たちは、個人と企業が選択肢を広げ、それぞれの変化に合わせて繋がり活性化する社会を創り出す。
知と出会い、知を育む
知と出会い、知を育む
「知」がひとところに留まることなく、めぐっていく仕組みを創る。 「知」のめぐりをよくすることで、知らない人を知っている人にする。 世界の隅々にまで「知」がいき渡り、「知」と出会い、「知」を育むことで一人ひとり、一社一社が、一つでも多くの機会を、一つでも多くの可能性を生み出していく。
多様性を活かす
多様性を活かす
予測不能な社会だからこそ、既成概念にとらわれるのではなく、これまでの当たり前との違いや新しいイノベーションを恐れない。
一人ひとりが持つ経験や知見、働き方、アイデア、志向性、文化的背景や属性の違いを掛け合わせるからこそ、これまでにないものが生まれるんだ。一人ひとりの個性が活きることで、新たな価値を共に創る社会を目指す。
共創による社会課題解決
共創による社会課題解決
競争から共創へ。分断から分配へ。非環境再生的から環境再生的な経済のあり方へ。持続可能な地球と社会、人類の未来を実現するためのパートナーシップを。これからの大きく、複雑な社会課題の解決のために、共感で繋がり、枠組みを超えて知をめぐらす。
5つのマテリアリティ
01
マテリアリティ(重要課題)と
PHILOSOPHY & SUSTAINABILITY
サーキュレーションのサステナビリティステートメント「機会格差をなくし、人の可能性を最大化する」のもと、企業・事業活動を通じた持続的成長及び社会価値提供の実現に向け5つのマテリアリティを特定しました。これらに対しコミットメントしていくことで長期を見据えた持続可能な経営の実現と、結果として我々が掲げるミッションの達成、及び2030年までのSDGsの達成を目指しています。経営理念を追求し続けると同時に、10年後を想像し社会課題解決へ向けた価値提供をし続けるPHILOSOPHY & SUSTAINABILITY経営を体現していきます。
マテリアリティ(重要課題)とPHILOSOPHY & SUSTAINABILITY
02
マテリアリティ(重要課題)特定プロセス
持続可能な開発目標「SDGs」17項目のアジェンダ及び169ターゲット、SASB、GRIスタンダードなどを参考にし、自社及びステークホルダーにとっての重要課題を特定しています。また、2030年を起点とした外部環境分析及びステークホルダーの変化と機会/リスク評価から、現時点においてのみならず中長期的な視点で、自社及びステークホルダーにとっての重要度を評価し、横軸「自社事業との関連性」と横軸「ステークホルダーからの期待」にプロットしています。それらを最終的に5つのグループにカテゴライズし、サーキュレーションのマテリアリティとして設定いたしました。
2030年外部環境分析 / 機会リスク評価
マテリアリティ(重要課題)項目の洗い出し
  • 社員向けMBA研修
  • プロ人材による各分野に関する勉強会開催
  • SUSTAINABILITY MTGによるサステナビリティ/SDGs動向理解と当事者意識醸成機会の提供
マテリアリティ(重要課題)項目プロット
マテリアリティ(重要課題)項目のカテゴライズ
マテリアリティ(重要課題)項目のカテゴライズ
03
5つのマテリアリティ(重要課題)と19の価値創出項目
オープンイノベーションを通じた企業と地域の経済活性化
プロシェアリングマーケットの創造
持続可能な経営を実現する強靭な経営体制
人の可能性を最大化するインクルーシブなパートナーシップ
エシカルなエネルギーアクション
5つのマテリアリティ(重要課題)と19の価値創出項目
04
SDGsへのコミットメント
サーキュレーションの5つのマテリアリティ(重要課題)を通じ、2030年に向け持続可能な開発目標「SDGs」へコミットメントしていきます。
私たちの中核事業である「プロシェアリング」を通じて、No8「働きがいも経済成長も」へ大きく貢献すると同時に、既存事業を通じてのみでなく新規事業や新たな人事企画・制度への挑戦をし続けることで、特にNo9「産業と技術革新の基盤をつくろう」、No4「質の高い教育をみんなに」、No5「ジェンダー平等を実現しよう」に対して因果関係を見出し大きな影響を与えることができると考えています。それらに関する価値提供をし続ける結果、「機会格差をなくし、人の可能性を最大化する」ことに繋がるNo10「人や国の不平等をなくそう」を達成させていきます。
SDGsへのコミットメント
オープンイノベーションを推進する
オープンイノベーションを推進する
従来の「正社員」という働き方だけでなく、個人と企業が、信頼とプロジェクトで繋がる働き方へ。
個人は、それぞれが保有する「経験・知見」を活かし、時間や場所、組織の枠組みなどの制限がない新しい選択肢を。企業は社内にないノウハウを外から積極的に取り入れ、イノベーションを加速する。 私たちは、個人と企業が選択肢を広げ、それぞれの変化に合わせて繋がり活性化する社会を創り出す。
知と出会い、知を育む
知と出会い、知を育む
「知」がひとところに留まることなく、めぐっていく仕組みを創る。 「知」のめぐりをよくすることで、知らない人を知っている人にする。 世界の隅々にまで「知」がいき渡り、「知」と出会い、「知」を育むことで一人ひとり、一社一社が、一つでも多くの機会を、一つでも多くの可能性を生み出していく。
多様性を活かす
多様性を活かす
予測不能な社会だからこそ、既成概念にとらわれるのではなく、これまでの当たり前との違いや新しいイノベーションを恐れない。
一人ひとりが持つ経験や知見、働き方、アイデア、志向性、文化的背景や属性の違いを掛け合わせるからこそ、これまでにないものが生まれるんだ。一人ひとりの個性が活きることで、新たな価値を共に創る社会を目指す。
共創による社会課題解決
共創による社会課題解決
競争から共創へ。分断から分配へ。非環境再生的から環境再生的な経済のあり方へ。持続可能な地球と社会、人類の未来を実現するためのパートナーシップを。これからの大きく、複雑な社会課題の解決のために、共感で繋がり、枠組みを超えて知をめぐらす。
トップへ戻る