RECRUIT

社員インタビュー

マーケットを創るという使命感

リスクよりも、

まだないこのマーケットを創る使命感に

緊張とやりがいを感じている。

立ち上げ当初からの想い

立ち上げに参画したのは、ビジネスを通じて社会と向き合っていく中で、既存のできあがっている会社で既存のサービスを一生懸命売るよりも、自分で価値あるサービスを創る側にいきたいという想いを持っていたから。代表の久保田から、サーキュレーションで挑戦しようとしている世界を聞いた時、これまでの経営コンサルティング、人材サービス、顧問派遣、、、どこか一つの領域だけには当てはまらない、社会の変化に基づいたこれからの「新しい人材活用による経営革新」と「新しい働き方」というまだ世の中にない仕組みだと感じました。「一緒にマーケットを創りあげていきたい。」そう強く感じ、会社の立ち上げから奔走しています。

やるもやらないも自分達次第のおもしろさ

「新しい働き方」をテーマにした今の事業は、一部の領域においての労働環境をつくるというミニマムな視点に収まるのではなく、「新しい働き方」が可能なシニア、独立プロフェッショナル、エンジニア、今後展開していく領域までも挑戦していくという点でも、これまでにない新しい世界観を目指していると思っています。
また、日々お客様と向き合う中で、お客様が解決しなくてはいけない課題に対し、アドバイザリーサービスを提案するという感覚ではなく、いかにして外部の経験知見を活かし経営革新を起こしていくか、というOpen Innovationの仕組みを実際の企業経営に浸透させていくという点で、「これまでにない人材活用の仕方」を当たり前にしていくという大きな使命を感じています。

新しい仕組みを浸透させていこうと挑戦する中での一番のおもしろさは、自分達のストレッチやチャレンジの度合いでこのマーケットがいつできるかが決まっていくということ。
それをやり続け実現していけるかも自分達次第。そこにマーケットへの使命感と緊張感があります。
だからこそ、これまでのビジネス人生の中でも事業への思い入れやコミット具合も全然違う。これまでの経験から、マーケットを広げていくためにどこが課題になりそうで、どうしていけばいいかを考えながら、組織内でも新しい取り組みにもどんどん挑戦しています。

経営者と向き合い

会社の未来について本気で考える日々。

日々の活動について

1日の動きとしては、新規でお伺いする企業様またはアライアンス先のお客様に2〜3件訪問、それ以外にプロフェッショナルの方との面談、もしくは稼働中プロジェクトの打ち合わせをしています。
オフィスに戻ってきてからは、提案書、資料作成やチームMTGやメンバーとの1on1MTGに時間を使っているイメージです。有効活用するために、外で仕事をすることも多いです。

経営者もプロも自分も真剣、本気で向き合う関係

私自身は製造業の企業様を担当させて頂いているので、地方の中小企業様、優良企業様とも多く関わりがあります。地方の企業様の中では、会社の基盤や商品はあるものの、課題を解決したり今後グローバル進出するための人材が確保できず、変化していくことができない状況にあることも多いです。
例えば、「若手を育てていかなければいけないが、トップや工場長は手一杯」といった課題に対し、工場立ち上げや現場での実地経験が豊富なエグゼクティブシニアの方をプロジェクトにアサインメントさせて頂き、ノウハウを内製化する形で現場の横で支援に入らせて頂く。またある企業様では、「生産管理システムのパイロットをつくってほしい」という具体的な課題に対して、従来のようにシステムベンダーにお願いしてスクラッチ開発する大規模システム構築では中小企業様にとってリスクもあるため、生産管理システムをゼロから導入したり、大規模見直しの経験があるプロを活用し、企業規模やフェーズにあったシステムを構築するための支援に入ったりしています。
これまでの既得権益もある中で、どのように外部人材のノウハウを活用して企業変革を起こしていくかをご提案し、これまでとは打って変わった体制でいかに事業を成長させていくかを、社長とプロと頭を突き合わせてプロジェクトを進めていきます。
また、地方に人材が流動せず、通常の採用サービスでは慢性的な人不足が解決できない状況にある中、
課題に合わせて、経験・ノウハウを活用するサーキュレーションのサービスでは、地方企業の経営課題解決、地方企業の活性化に繋がる大きな可能性があります。
実際に一部の地方自治体との連携も始まっており、地方創生に向け新たな取り組みの一つとして注目頂きながら取り組みをスタートさせています。

地方創生、世界展開、新しいマーケットで

「当たり前」を創るため、自分の仕事を自分で創る。

自らが手を挙げ挑戦できるフェーズ

今は個人のキャリアというよりも、会社が描いていく方向に照らし合わせて自分が何をしていくか考え、一つ一つ愚直に挑戦しています。
まずは、国内の基盤を固め次に海外への足がかりをつくっていく。地方にも企業が多い製造業を担当する中で、地銀との連携や地方出張による企業開拓は、この領域におけるマーケットを開こうと自ら積極的に取り組んでいる一つです。事業基盤を固めて行く中で、どういうスケジュールを組んだら組織のためになるか、そこに合わせて成果を残していくことが今はとても大事だと感じています。可能性が本当に幅広く、多岐に渡り挑戦できるマーケットとステージだからこそ、そこで一つ一つ成果をあげて形にしていくことを意識しています。

まだまだ創業期。これから目指したい姿について

今この組織は、事業の社会性と可能性を信じているメンバーが多く揃っているので、個性を持ちながらも同じ志を持っているメンバーと仕事ができるのは本当に幸せなことであるし、サーキュレーションの強みの一つでもあると感じています。100名200名のステージまでは、スピードを意識してチャレンジしている組織でいたいですし、ベンチャーならではの課題については、「ついにきたな」という感じで一つ一つ乗り越えていきたい。そこを拔けながら楽しみながら、組織全体で突き抜けてその先のステージにいきたいと感じています。

執行役員/シニアコンサルタント 福田悠

新卒で株式会社インテリジェンスへ入社。新規大手顧客専属部門(トップガン)を経て、2010年に社内ベンチャー立ち上げに参画しトッププレーヤーとして活躍しながら、一インダストリーオーナーを経験。
その後、サーキュレーション創業メンバーとして、数々の企業様とのアライアンスを手がけながら、地方を含む製造業の中小企業様の経営支援に従事。

お問い合わせ

法人のお客様窓口

まずは無料相談にてお問い合わせください

個人のお客様窓口

専門家登録はこちらのフォームより お願いいたします

採用窓口

採用に関するお問い合わせはこちらのフォームよりお願いいたします

お電話でのお問い合わせ

0120-933-524

[平日9時〜18時 土日休み]