2017.09.12

プレスリリース

印刷

リバースプロジェクト社(代表 伊勢谷友介氏)と規格外野菜の有効活用での共同プロジェクト〜ソーシャルビジネスの新たなモデルを創る〜

修正170803_01.jpg

■概要

2017年9月、株式会社サーキュレーション(所在地:東京都千代田区丸の内、代表取締役社長:久保田雅俊、以下サーキュレーション社)は、株式会社リバースプロジェクト(所在地:東京都港区北青山、代表:伊勢谷友介、以下リバースプロジェクト社)と規格外野菜の有効活用に向けた共同プロジェクトを開始致しました。社会課題に挑む企業の志を1万人の専門家の知見を活用して実現する、ソーシャルビジネスの新たなモデルケースとなることを目指します。

■背景

現在、国内の年間野菜収穫量約1,300万トンに対して、形が悪いなどの理由で規格外として廃棄される野菜の量は約200万トン。リバースプロジェクト社は、規格外野菜を流通させるビジネスを通じて、廃棄食材の削減を目指す”E”REGULAR PROJECT(イレギュラーを”良い”レギュラーに)を推進しています。

近年、このような社会課題の解決を目的としたソーシャルビジネスが注目を集めていますが、事業としての拡大、継続の難しさが論点の一つになっています。本プロジェクトは、サーキュレーション社に登録する約10,000名のビジネスプロフェッショナルの知見/専門性を活用することで、社会課題にチャレンジするリバースプロジェクト社の取り組みを利益創出する事業として確立させ、社会に大きなインパクトを与えるソーシャルビジネスの事例となることを目指します。

【プロジェクトの詳細は新しい働き方メディア『nomad journal』(https://nomad-journal.jp/)で連載】

本プロジェクトは「Social Nomad Project」と題して、その動向を2017年9月1日にリリースしたサーキュレーション社のWebメディア『nomad journal』にて随時配信致します。

*第一弾の記事はこちらからご覧頂けます

社会課題の現状やソーシャルビジネスの事業推進ノウハウ、プロフェッショナル人材活用方法をシェアすることで、志ある企業の活動や個人の新しい働き方を促進して参ります。

スクリーンショット 2017-09-11 17.49.00.png

株式会社リバースプロジェクトとの共同プレスリリースはこちら

―――――――――本件に関するお問い合わせ先―――――――――
担当:今村 有美
TEL:03-6256-0467 FAX:03-6256-0476
Email:public_relations@circu.co.jp

リバースプロジェクト社(代表 伊勢谷友介氏)と規格外野菜の有効活用での共同プロジェクト〜ソーシャルビジネスの新たなモデルを創る〜

ACCESS GUIDANCE

サーキュレーション本社へは3つの駅を
ご利用頂けます。

東京メトロ明治神宮前駅 出口5より徒歩5分

JR原宿駅 表参道口より徒歩8分

東京メトロ表参道駅 A2出口より徒歩10分

道が入り組んでおりますので、下の道案内をご確認頂き、気を付けてお越しください。
※「竹下口交差点」を起点としたご案内となりますのでご了承ください。

1

竹下口の交差点から表参道方面へ

2

信号を渡って直進します

3

二つ目の角を左折します

4

左折した先を直進します

5

左手に本社サーキュレーションビルが見えます